キャッシングのフタバは審査甘い?ブラックでも借りることができるのか調査してみた!

中小消費者金融
カネロン
カネロン

フタバは東京都千代田区にある消費者金融。
1963年に設立された非常に老舗です。

全国対応しており、振込キャッシングで融資を行います。

キャッシングのフタバは、東京都千代田区の消費者金融です。来店等の受付はなく基本的にインターネットで申し込みを行い、契約し振込で融資を受けるタイプです。

1963年設立で60年近い融資実績がある業者なので、大手並みとは言いませんがそれなりに安心して利用できるのが嬉しいところ。

確かにフタバは大手消費者金融や銀行カードローンに比べると柔軟な審査対応に定評があり、事実ブラックでも融資が受けられたといった口コミも確認できています。

じゃあ、誰でもすぐにお金をポンと貸すのかと言われるとそうではなく一定の審査基準を置いています。

ここではそんなフタバの審査の情報や融資までの流れなどを詳しく解説していきますのでフタバを検討しているという人は是非お読み下さい。

フタバを選んで大丈夫?ヤミ金じゃないの?

最初に、フタバが安心して申し込みできる業者であるという根拠を解説していきたいと思います。

フタバの会社情報
社名フタバ株式会社
設立1963年(昭和38年)8月
本社所在地東京都千代田区岩本町3-2-10
SN岩本町ビル3階
貸金業登録番号東京都知事(3)第31502号
日本貸金業協会会員番号第000034号

まず、見て欲しいのがこの貸金業者登録番号と日本貸金業協会の協会番号。こちらを金融庁の業者検索システム日本貸金業協会の会員番号をサーチしてみます。

キャッシングのフタバの金融庁登録情報と貸金業協会の会員を検索した時の写真
金融庁と日本貸金業協会の検索で正規業者という事を確認

正規の業者であることは間違いなく、利用者の利益を目的とした厳しい自主規制を導入しなくてはならない日本貸金業協会の会員であることがわかりました。

業者選びにおいて最低限満たしておきたい条件は揃っているのがわかりました。

フタバを名乗るヤミ金に注意!

中小の消費者金融ではかなり多いのですが、会社名を名乗り登録された業者と偽り違法な金利で貸付を行う業者も多いです。

フタバもそういったことがあり、フタバキャッシング、フタバファイナンスといった名前を名乗る非登録の金融業者は存在しているようです。

公式サイトにもこのような注意書きがされています。

●当社を騙って融資を勧誘する金融業者にご注意ください
フタバキャッシング、フタバファイナンスなどを名乗る金融業者は、
当社とは一切関係ありません。当社と同一または酷似する商号や貸金業者の
登録番号および住所等を使用するなど、当社との関連を連想させるような名称を
名乗る団体が融資の勧誘をするというケースが増えていますのでご注意ください。

引用元:フタバ公式ホームページ お知らせより

フタバへ申込をしたつもりが知らず知らずに悪徳業者へ申込をして個人情報などを取られていたということもありえるので、必ず申し込みは公式サイトから申し込みを行うか、電話を行い間違いのないようにしましょう。

間違っても携帯電話番号など正規業者は使うことがありません。フタバは登録している電話番号が「03-5833-5511」に対し、総合デスクの電話番号が「03-3863-3928」となっているのでフタバから電話が掛かってくることがあった場合は、一度かけ直すとより確実です。

フタバの取り扱っているローンはどういったもの?

フタバは最大50万円までの融資の小口融資のみ行っており、こちらは総量規制の対象です。

他社からの借り換えやおまとめローンなどの利用者の一方的な利益になる送料規制対象外のローンには対応していません。

貸付条件
実質年率限度額返済期間担保・保証人
14.959%~17.950%10万円~50万円元利均等 6年以内不要
無利息期間来店の有無総量規制収入証明書
30日不要対象必要な場合もある
必要書類
  • 本人が確認できる書類
  • 収入を証明する事ができる書類(要審査)

最低は10万円から融資を受けることが可能です。金利面も最高で17.95%というミクロの単位ですが、大手消費者金融よりも低めに設定をしているので体幹しないレベルの低金利で利用することができます。

必要書類については公式サイトに記載がないので総合デスクへ電話し確認したところ、仮審査が通ってから必要書類は決まるので今の段階ではなんとも言えないとの事。

消費者金融の審査で必ず共通しているのが本人の確認書類となる運転免許証や、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどをどれか1点。

他社への借り入れと今回フタバへ融資を希望する金額を合算し100万円を超える場合は必ず収入証明書が必要となります。

貸付条件で法外な金利を取られるんじゃないのか?と不安に思う人もいるかもしれませんが、むしろこの条件はかなりいい方です。

それに無利息期間が契約日から30日ほど利用できるので初月の返済は利息はほぼ掛かる事がありません。無利息期間が利用できる中小の消費者金融はかなり珍しいので、むしろフタバは大手の消費者金融よりも好条件で借りることができる可能性があります。

ただ、いかに好条件であっても審査に通らないことには絵に描いた餅。では次に審査について解説していきます。

フタバの審査は厳しい?甘い?審査基準を詳しく解説!

フタバを利用できる人の条件としては公式サイトへ記載がある条件はこのとおり。

20歳以上70歳以下の安定した収入と返済能力を有する人

たったのこれだけではあまり想像しにくいですよね。という事で利用できる人の属性一覧表を作ったので以下の表を見てください。

フクホーを利用できる属性一覧表
属性申し込みの受付
会社員○ 受付可能
派遣社員○ 受付可能
公務員○ 受付可能
パート・アルバイト○ 受付可能
学生(アルバイト)○ 受付可能
未成年(18歳以上)× 受付不可
主婦(専業主婦)× 受付不可
主婦(パート)○ 受付可能
年金受給者○ 受付可能
自営業○ 受付可能
債務整理経験者(ブラック状態)○ 受付可能
債務整理経験者(5年以上経過)○ 受付可能
学生(奨学金のみ)× 受付不可
学生(親の仕送りのみ)× 受付不可
無職(ニート含む)× 受付不可
不動産収入のある人○ 受付可能
高校生(18歳)× 受付不可
他社延滞中× 受付不可
消費者金融の利用が5社以上× 受付不可
消費者金融の利用が4社以内○ 受付可能

基本的に本人に収入がある人のみの利用となっているので仕事をしている人であれば利用可能。年金受給者の人も利用することができます。

自身に収入のない専業主婦の人は残念ながら利用することはできませんが、パートやアルバイトなどを1ヶ月以上行えば見込み年収内での融資を受けることはできます。

また、銀行やクレジットカードのキャッシングなどを除く、消費者金融のカードローンやフリーローンの利用が5社以上ある人は利用不可。

4社以内だと利用することは出来ますが、フタバのキャッシングは総量規制の対象となるので年収の1/3以上の融資を受けることは出来ないのでこういった問題があり利用できない場合もあります。

総量規制について

フタバを含め、金融庁に登録された正規の消費者金融はすべて総量規制の対象となります。※「貸金業法に基づくおまとめ・借り換えローン」は除く

借入件数が4社以内だったとしても今現在の借入金額(借金)がすでに年収の1/3を超える融資を受けることができません。

年収が300万円なのであれば、消費者金融から融資を受けることができる金額は最大でも100万円までとなり、もしすでに80万円借入しているような場合にはフタバで融資を受けられる金額は20万円が上限となります。

また、「総量規制ギリギリまで融資を受けることはできない」と考えておく必要もあります。

あくまで総量規制による制限は法律で認められる融資可能金額の「上限」で、貸付金額は現在の収入や支出状況、他社からの借入状況などを審査で総合的に判断して決定されます。

人によって融資を受けることは当然異なりますが、消費者金融では今までにキャッシングを利用したことがなく審査に全く問題がない場合でも新規契約時には50万円程度が借入限度額となる傾向にあります。

今現在すでに他社から借金がある人、信用情報に不安があるという人は、フタバで借りることができる金額は多くとも10万円程度になると考えて申込を検討することをオススメします。

フタバに審査落ちする人の特徴

カネロン
カネロン

基本的に1社目からフタバを選ぶ人は少なくフタバもそれを理解した上で貸付を行っています。

大手の消費者金融や、銀行の審査が通らない人でもフタバの審査に通りますが、それでも一定の基準を設けて貸付を行っているので、一概に誰でも借りれるわけではありません。

まず、フタバの審査はどこをみるのか説明します。

キャッシングのフタバの審査項目
  • 年収
  • 職業
  • 在籍年数
  • 他社ローンの借入金額総額
  • カードローンやキャッシングの借入社数
  • カードローンやキャッシングの借入金額の総額
  • 他社ローンの返済状況
  • 過去の金融事故歴

大まかにチェックするところはこの8項目。審査落ちの多くの原因は他社への借りすぎによるものが大半です。

先程もお伝えしましたが年収の1/3以下の金額しか消費者金融の取り扱うカードローンやキャッシングは融資を受けることが出来ないので、これ以内の金額を借りている人に限ります。

また、信用情報もチェックを行いますが、こちらに対しては大手消費者金融よりも柔軟で、過去の金融事故等で問題が解決している状態。債務整理が済んだ状態であれば対して重要視していない傾向があります。

問題となるのは他社ローンの返済状況です。何度も期限日での返済を行わず、滞納や遅延をしてしまった場合は大手の場合は審査落ちとなり目安としては2年以内に4度以上行ってしまった場合は審査落ちとなるケースが多いです。

フタバの場合は、他社と違いこの基準は大手と同様で2年以内に4度以上滞納した場合は審査落ちとなることが多いようです。

滞納や遅延しても、返済を毎月行っているならまだしも、過去に滞納してそのまま払わなくなったローンや現時点で滞納中のローンがある人はこの問題を解消しない限り審査に通ることはないので注意しなくてはなりません。

カネロン
カネロン

他の中小の消費者金融と比べると審査は厳しめですね。

それならローンが真っさらの状態で、返済能力もあり、信用情報も傷ついていない状態で申し込みするのがもちろんベストですが、そんな状態なら当然、大手や銀行を利用しますよね。

なので、審査の厳しさとしては

銀行カードローン > 大手消費者金融 > フタバ > 他の中小の消費者金融

とイメージしておくと良いと思います。大手や銀行の審査に落ちたけどお金が必要であるなら真っ先に検討したい業者です。

その状態であれば審査に通る事は十分考えられます。

申し込みから融資までの流れ

フタバや融資実績がかなり豊富な分、融資もスムーズに行ってくれるのが魅力。

最短だと即日での融資を受けることはできますし、電話で問い合わせを行っても午前中の場合だと「本日でも対応可能な時間帯です。」、午後に電話すると「本日は難しそうなので明日中には行けるかと思います」と答えてくれます。

ですが、当サイトへお寄せ頂いた口コミを見る限りでは2日~1週間程度掛かったというケースが多いようです。

審査自体は大手と異なり最初から人間の目で行うため審査が混み合っていれば当然遅くなりますし、手作業な分、システムで自動的な振るいにかけるということもないので時間が掛かります。

早くて30分。中には3日後に電話が掛かってきて審査落ちかと思っていたという人もいるようです。

全体的な流れでは融資実行までは以下の手順で行われます。

融資までの流れ
  1. インターネットもしくは電話での申込
  2. 仮審査結果の連絡
  3. 本審査(書類提出・在籍確認)
  4. 振込による融資実行
  5. 郵送による契約手続き

急いでいる人に対応してくれるので郵送で契約書を後日結び先に振込で入金対応してくれるのが嬉しいところ。

ただし、審査によっては先に契約書等の郵送がフタバに届いてから融資実行ということもあるので初回融資を受ける人はこのようになる場合が多いのでやはり即日での融資は受けられないと考えておいたほうが無難です。

ではこれらの流れを個別に解説していきます。

申し込み手続きの流れ

申込方法は以下の2通りから自由に選択することができます。

  • インターネット:24時間365日受付
  • 電話:平日9:30~18:30の間のみ受付

フタバは直接来店して申込手続きを行うことはできません。

パソコンやスマホの扱いがどうしても不慣れだという人以外は、24時間いつでも手続きできるインターネットからの申込を検討しましょう。

カネロン
カネロン

フタバは来店の必要はありません。

仮審査結果の連絡

申込の混雑具合や審査の内容にもよりますが、仮審査結果の回答は最短だと30分で可能とのことでした。

これは大手消費者金融並みのスピードで中小の消費者金融の中ではかなり早い部類に入ります。

ただし、最短即日で審査結果の回答が得られるのはフタバの営業時間内(平日9:30~18:30)に審査が終了した人のみです。

夜間や土日祝日の申込となった場合、どれだけ早くとも審査結果の回答は翌営業日以降となってしまいます。

本審査結果の連絡と在籍確認

仮審査に通過した人は、フタバが定める必要書類の提出、在籍確認が行われます。

必要書類と在籍確認についての詳細は後で詳しく説明しますが、仮審査結果の回答日に自身が働く会社に電話が繋がらない場合は、その日のうちにお金を借りることはできないと考えておく必要があります。

会社への電話連絡以外の方法はないので、必ず電話が掛かりますが、これは審査時の1回だけであり他の要件でかけられるという事はありません。

電話の内容としてはこのようなイメージです。

もしもし、萬田(担当者の個人名)と申しますが、工藤カネロン(申込者のフルネーム)さんはいらっしゃいますか?

カネロン
カネロン

私ですがどのようなご要件でしょうか?

このようなやり取りができれば在籍確認は終了。他の人が出てもただ今留守にしております、本日は休みですというような対応でも問題ありません。

振込による融資実行・契約手続き

フタバは大手消費者金融のようにWEB上で契約手続きを行うことはできません。

必ず郵送によう契約手続きを行うことになります。

一般的なキャッシング業者は本審査を通過していても、この契約手続きが完了しないことにはお金を借りることはできないようになっているのですが、フタバは少し特殊で契約手続き前でも融資を受けることができます。

審査の内容によっては契約手続きが完了しないと融資不可と判断されることもありますが、平日の15時までに本審査に通過できた場合には申込をしたその日のうちに振込による融資を受けることも可能ではあります。

フタバの即日融資への期待値は?

平日の午前中に申込を行い、審査がスムーズに完了できた場合にはその日のうちに実際にお金を借りることも可能とされています。

ただし、契約書等は郵送前にFAXで控えを送付しなくてはなりません。

が、これはあくまで最短、カネロンがフタバに確認したところ仮審査結果の回答までには早くとも2日~3日程度はかかることが多く、すべての手続きが完了し融資が実行されるまでには約1週間程度かかってしまうケースもあるとのことでした。

即日融資実現の可能性は非常に低いものになると考えておきましょう。

契約するために必要となる提出書類について

フタバの必要書類の提出のタイミングは、仮審査通過後となるので申込の段階では手元になくても問題ありませんが、本審査の段階で以下の書類を必ず提出することになります。

運転免許証と健康保険証どちらか1点の用意ができればOKですが、もしこれらの書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には併せて以下の書類を提出する必要があります。

  • 公共料金の明細(電気・ガス・水道・電話・NHKのいずれか1つ)
  • 社会保険料の領収証
  • 国税、地方税の領収証・納税証明書

フタバは大手消費者金融のようにWEBアップロードによる書類提出には対応していないので、書類提出は仮審査通過後にFAXにて行います。

契約書類の提出時には住民票も必要となる

本審査通過後、自宅へと契約書類一式が郵送されるのですが、契約書類の記入を済ませフタバに返送する際には、住民票を併せて返送する必要があります。

上項目で説明していますが、契約書類を返送後でないと融資を受けられない場合もあるので、面倒ではありますが仮審査を通過したあとすぐに市役所で住民票は取得しておくことをオススメします。

収入証明書の提出が必ず必要となる場合

総量規制の対象となる消費者金融は、貸付金額が50万円を超える場合あるいは貸付金額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必須とされています。

フタバは融資可能額の上限が50万円とされているので、もし今現在他社からの借金がないのであれば基本的に収入証明書の提出は不要となると考えておいて問題ありません。

仮に他社借入が80万円以上ある人が、今回フタバで20万円を超える融資を受ける場合には、収入証明書の提出が必須です。

収入証明書の提出の有無は仮審査通過時に知らされることになり、源泉徴収票や給与明細が該当書類となります。

フタバの金利について

大手消費者金融であれば良く見かけるサービスですが、中小の消費者金融で無利息サービスを取り入れているキャッシング業者はめったにありません。

振込による融資を受けた日から30日間は利息ゼロで利用することができるので、短期間で返済予定だという人にはかなりお得なサービスです。

フタバの金利は高い?大手消費者金融5社と比較してみた!

業者名金利
フタバ14.959%~17.950%
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0%~18.0%
アイフル4.5%~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%

低い方の金利、下限金利を見るとフタバの金利がメチャクチャ高いように感じるかもしれませんが、はじめての契約の際には基本的に上限金利での契約となります。

フタバでも大手消費者金融とほとんど変わらない金利で契約することができます。

法律による上限金利の制限について

中小の消費者金融と聞くと金利がメチャクチャ高いのでは?といったイメージを持っている人も多いのですが、貸金業者の金利は貸金業法と利息制限法という2つの法律により上限が定められています。

ですので、金融庁の認可を受けた正規の消費者金融であれば金利はどれだけ高くとも20%を超えることはありません。

まだ融資までに時間の余裕があり、金利についてしっかりと知識を得た上で借入先を探したいという人は次のページを参考にしてみてください。

フタバのまとめ!どんな人におすすめ?

最後に中小の消費者金融となるフタバがどのような人にオススメできるキャッシング業者なのか、カネロンの個人的な感想も踏まえて説明していきますが、その前にこのページでここまで解説した内容をザックリとおさらいします。

  • フタバは東京都知事の認可を受けた正規の消費者金融である
  • 昭和38年から営業しているかなりの老舗の消費者金融である
  • 他社借入件数が4社以内なら審査の対象となる
  • 本人確認書類の他に住民票を提出しなくてはならない
  • 大手消費者金融と同等の金利で契約することができる
  • 今回の利用がはじめてなら30日間の無利息サービスの対象となる
  • 申込から融資までには1週間程度かかると考えておく

フタバは来店なしで契約可能、大手消費者金融と同等の金利でお金を借りることができ、さらに無利息サービスもあり、全体的なスペックは中小の消費者金融の中では高めだと言えます。

好条件で融資が受けられることはもちろん嬉しいことなのですが反対にその分審査の基準が厳しめになるとも考えられます。

ローンというものは融資額が多ければ多いほど、金利が低ければ低いほど審査は厳しくなるのが常です。

もちろん大手や銀行に比べると審査通過への期待値は高く持つことができますが、今現在他社ローンの返済が滞っている人や過去5年以内に債務整理を行った経験があるという人についてはフタバの審査通過は難しくなるでしょう。

フタバは他社からの借金はあるが返済に遅れたことはないが、大手の審査に落ちてしまったというような人のみが申込を検討するべきだとカネロンは考えています。

ページ冒頭で解説していますが、フタバを騙る悪徳業者もいるので、フタバの詳細を確認する際には必ず以下URLのHPで確認するようにしてください。

カネロン
カネロン

大手や銀行で断られたら検討するというのが良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました