【実話】投資詐欺に騙されて消費者金融から150万円の借金を作った話

お金の雑学
カネロン
カネロン

笑えない話ですが、本当の話です。

詐欺にあって消費者金融から莫大な金額の借金を背負う」

なんか昔のドラマのような話ですが、こういった事って今でも起こりえます。

多くの人が「自分が騙されるわけない!」「詐欺で消費者金融で借金ってそんな馬鹿な!」という風に詐欺や借金なんて普通に生活している自分には無縁だと考えてると思います。

カネロン自身も当然そのように考えていましたが、、、遡ること約5年ほど前、実際に架空の投資詐欺に合い、消費者金融から合計150万円の借金を背負った経験があります。

現在は解決済みで、今考えると「なんでこんなしょうもない嘘に騙されたんだろう」と恥ずかしい気持ちにもなります。

完全に黒歴史なので言いたくはないのですが、こういった話で他にも被害に合う人もいるかもしれないので、当時を振り返りながら、投資詐欺の被害に遭わないための対策などを実体験から語っていきます。

無駄な借金を抱えてしまうことがないように気をつけておくべきこともありのまま記載しているので同じような話があるという人はこのページをしっかりお読み頂けると嬉しいです。

投資詐欺とはどんなものなのか?

投資詐欺とは、その名のとおり投資に関連する詐欺の事を指すのですが、その手口は様々であらゆる手口で行われています。

投資詐欺師はこういった言葉をよく使います。

  • 上場確定
  • 値上がり確実
  • 高価買取
  • 高利回り
  • 元本確保
  • ノーリスク
  • あなただけ特別
  • 今だけ

など実際に生活していてたまに目にする事もあるようなこんな甘い言葉を巧みに操り、被害者からお金を騙し取ろうとしてきます。

詐欺の手口、手法は数え切れないほどありますが、以下でカネロンが引っかかった投資詐欺の主な手口を紹介していきますので、投資に興味のあるという人はぜひ読んでみてください。

こんなにある!投資詐欺の手口とは

自分に実際に起こったという事でカネロン自身かなり投資詐欺に対しての耐性も出来ましたし、手口にも詳しくなりました。

具体的に投資詐欺ってどんな風なところから持ちかけるて来るのかという事を簡単にまとめてみました。もし、たまたまこのページを見てくれた人もこんな話今されているという場合は十中八九投資詐欺なので注意しましょう。

「未公開株」を利用した投資詐欺の手口

この未公開株、今買っておけば絶対儲かりますよ!あなただけにしか教えません!

未公開株とは、証券取引所で公開していない株、つまり未上場企業の株のことを指します。

未公開株は会社の創業者やその親族、取引先、ベンチャーキャピタルといったところが保有していることがほとんどで、株式が公開されていないので証券取引所で売買することはできません。

なので、一般の個人投資家の人が未公開株と手にする、購入する機会は滅多にないのですが、ここに付け込み、未公開株の購入を促し、その金銭を騙し取るといった手口が横行しています。

宇津井さんが投資詐欺に合うシーン
ウシジマ9巻「フリーターくん」より抜粋。
当時は他人事のように見ていたがまさか自分がこうなるとは当時は予想だにしなかった

未公開株の売買ができるのは、金融庁に登録のある金融機関・証券会社のみなので、投資詐欺師は証券会社の社員を偽り「この○○社はもうすぐ上場する!今のうちに株を購入しておけば間違いないく儲かる!」などといった嘘の情報で未公開株の購入を進めてきます。

上場の話が嘘だったというだけであれば、株を購入した元金を取り戻せる可能性もあるのですが、ひどいケースでは「会社そのものが実在しない」「会社は実在しているが偽造された非正規の未公開株」ということもあり、この場合、詐欺だと気づいた時には、被害者の手元に残るのは、何の価値もないただの紙切れ。

未公開株の投資詐欺に合わないためには

必ず知っておいてもらいたいのが、未公開株の売買ができるのは、金融庁に登録のある金融機関もしくは証券会社のみだということです。

もし、未公開株の購入を持ちかけられた場合には、必ず金融庁への登録の有無を確認するようにしてください。

金融庁への登録の有無はこちらから検索する事が出来ます。

カネロン
カネロン

正規の業者だと言ってくる詐欺師もいるようです。

中には、正規の名前を勝手に使ったり金融庁の職員を名乗る投資詐欺師もいるようですが、金融庁などの職員が、金融商品や株の取引の勧誘を行うことはまずありえません。

間違いなく投資詐欺なので、騙されないよう注意が必要です。

そんな時にいい方法が、「後で電話かけ直します。」と伝えることです。そして時間が経過した後に「○○証券に聞いてみたけど、そんな話ないし詐欺だって言っていたんですけど…」と伝えてみましょう。

速攻で電話を切られる事が大半です。

「社債」を利用した投資詐欺の手口

この「カネロン工務店」の社債はおすすめですよ。

業績もいいし利回りも高い。損することはないですね。

社債とは、会社が事業拡大などの為の資金調達を目的に、証券会社を通じて発行する有価証券の事を指します。

社債を買うということは簡単に言うと、企業にお金を貸すということです。

指定の返済期日までの間は、利息として利益を享受することができ、期日になれば社債の購入資金も返ってくるので、社債の購入は健全な経営をしている企業のものであれば、リスクが少なく利益を得やすい投資の方法として有効な手段で、2016年の社債発行額は10兆円を超えています。

投資を始めたばかりという人にも人気があるため、その分この社債は投資詐欺に利用されやすくもあります。

投資詐欺の犯人は、本当は経営状態の悪い業者や詐欺を目的に作った実態のない会社の社債を、「業績が良い」「高利回り」などと謳って、購入させます。

ほとんどの場合、最初の数ヶ月は契約通りの利息が振込まれるので、詐欺だとは気づきにくいのですが、最終的には業績悪化などの理由に、利息の支払いが滞りだします。

これは詐欺だ!と気づいたときにはとき既に遅し、社債の購入を進めてきた業者とは連絡が取れない、企業が倒産しているということもあります。

悪質な業者だと、「業績が悪化した!追加で出資してもらえれば経営回復が見込める」などと偽り、さらにお金を引き出そうとしてくる場合も少なくありません。

社債を利用した投資詐欺に合わないためには

社債はリスクが少ない投資だからこそ、企業の実態や業績、紹介してきた業者の信用度を慎重にリサーチする必要があります。

未公開株と同様に、社債の購入を進めてきた業者が金融庁の登録されているかの確認も必須です。

言ってしまえば対策方法としては調べて本当なのかどうかを調べるだけというシンプルなものではあるのですが、大事なお金を預ける「元」となるところが信用できるのかどうかという事は必ず調べておくことが重要です。

「株やFXなどのシステムトレード」を利用した投資詐欺の手口

カネロンMTというツールを使えば放置で儲かりますよ。

私も100万円から始めて5,000万まで増やしています。それが今ならたったの30万円ですよ?良くないですか?

最近ではネットやスマホアプリなどでも気軽に取引ができるようになった為、株やFXのシステムトレードは気軽に始められる投資として人気を集めています。

誰でも手軽に始められるので、簡単に儲けられると考えている人も少なくなく、そのような人を狙い「このプログラムを使えば初心者でも必ず儲かる!」などと謳い、自動売買プログラムを購入させる、または高額なシステム利用料を騙し取るような詐欺が多く発生しています。

他にも、「1万円からスタート!年収1億円が叶うFXのマル秘テクニックを伝授」などといって、メチャクチャ高額なセミナーに勧誘したりする方法もあるので注意。

正味な話、こういったものが売られるようになった時点で売主は稼げなくなったと考えましょう。なぜならそれで自動的にお金が増えてウハウハ状態が続くのであればそれなら自分で静かに淡々とやってますから。

株やFXのシステムトレードを利用した詐欺に合わないためには

株やFXなどのシステムトレードで、これをすれば必ず儲かる、楽に儲かる、といった方法やプログラムなどは存在しません。

将来の為の資産運用として、株やFXは有効な手段ですが、もし利用するのであれば、楽して儲ける方法を探すのではなく、分析の方法や売買のタイミングなどを自身でコツコツと地道に学んで行くことが重要だとカネロンは考えています。

最近ではFacebookやInstagramなどのSNSを利用して勧誘してくる業者も多いので注意が必要です。

カネロン
カネロン

前にハッシュタグで副業付けてツイートしたのですが、怪しげなアカウントからフォローされたりDMが結構来ました。

「外国通貨」を利用した投資詐欺の手口

ドルやユーロなどではなく、日本国内では一般的にあまり取引されていない新興国の通貨を市場価格よりもかなりの高額で購入させる投資詐欺が横行しています。

「独立行政法人国民生活センター」からも注意喚起されていて、以下の国の外国通貨を利用した投資詐欺が多く発生しています。

通貨
イラクディナール
ウズベキスタンスム
コンゴコンゴフラン
シリアシリアポンド
イエメンリアル
スーダンスーダンポンド
アフガニスタンアフガニ
ベトナムドン

投資詐欺に利用される外国通貨は様々ですが、アラブ地域や中東諸国は石油などの資源国の通貨を利用した投資詐欺が多い傾向にあります。

「資源国だから今から絶対に通過の価値はあがる」「新興国だから今から経済が発展していく」などの理由をつけることで、投資家を騙そうとします。

中には、市場価格の100倍、1,000倍の価格で購入させられてしまったというケースもあるようです。

さらに、投資詐欺師が詐欺に利用する通貨のほとんどは、日本国内の銀行やFX業者で取り扱われていない為、購入してしまった通貨は、日本円や米ドルなど他の国の通貨への換金はできないことが多いです。

外国通貨を騙されて購入した金額は、1円も戻ってくることはないと考えてください。

外国通貨を利用した投資詐欺に合わないためには

外国通貨への投資を行う際には、その国の情勢をしっかりリサーチする、日本国内の金融機関で取り扱われているか確認する、この2点のみ。

ただ、文章にするとものすごく簡単なのですが、こういった事の目利きというのはそもそも素人でできるようなものではありません。

誰に相談することもできないような事を一人で抱えてネットで調べて決断を出すくらいならそもそも手を出さない方が無難です。

事業への出資を騙った投資詐欺の手口

メタンハイドレートって知ってます?今この事業を受けている企業に投資しておけば確実に儲かりますよ!

メタンハイドレートやシェールガス、太陽光発電や風力発電などの資源に関するものや、iPS細胞や人工知能、AI、海外のコンドミニマムの会員権、とにかく今、世間で話題になっているものに絡めて、新規事業への出資を持ちかける投資詐欺も増えています。

詳しくは知らなくても、ニュースやネットでなんとなく見聞きしたことがある事業について、投資詐欺師はいかにもそれらしい説明をしてくるので、「これは儲かるのでは」と間違った判断をしやすいのがこの投資詐欺の特徴です。

このような事業への出資を騙った詐欺の被害にあった場合、手元に残るのは偽りの契約書や何の価値もない権利書だけです。

事業出資を利用した投資詐欺に合わないためには

投資詐欺師は巧みな話術を使い、ありもしない事業を、実態のある素晴らしいものだと思い込ませてきます。

このような詐欺に引っかからないためには、自分がよく知らない事業への投資はしないということが大事になります。

このように儲け話を色々なところで出されると投資詐欺かもしれないなと真っ先に思いますが、そのチャンスを逃さなかったらという後悔が断ったら断ったですることがあります。

私も実際色々な話に飛び込みましたが、色々と騙されてみてはっきりしたのが人任せて楽して儲かるという事はないということです。

カネロンが実際に騙されてしまった投資詐欺

カネロン
カネロン

ここからは私が実際に体験した話になります。

当サイトの管理人カネロンは、約5年ほど前に実際に架空の投資詐欺の被害にあい、その際に消費者金融から150万円の借金を背負った経験があります。

騙された経緯としては、非常にくだらないもので、読んでもらった人のほとんどが「さすがにアホすぎるだろ」といった感想を持つのではないかと思いますが、投資詐欺の被害にあわない為に大事になることが凝縮されているので、ぜひ目を通してみてください。

実際に被害にあった投資詐欺の種類と手口

通常であれば自身が「未公開株の投資詐欺」にあったのか、「社債の投資詐欺」にあったのか、何に対して投資して騙されたのかということが分かるのが当たりまえですが、私の場合恥ずかしい話、自分自身が何に対して投資して、預けたお金がどこに消えたのかも分かりません。

これは借金については解決している今でも謎のままです、、。

株が手元にあるわけでもないし、権利書や有価証券、ましてや契約書すら手元にないまま、150万円という大金を失っています。

当時の状況と投資を行うまでの流れをザックリと説明させてもらいます。

スタートはホントに些細な事から始まりました。

今でこそFXや株への投資を少しばかり行っていますが、当時はしがない銀行員。

、投資家でもなんでもないですし、貯金もないし、「投資?資産運用?何それ?」というような状態でした。

そんな状態の私が、投資詐欺にひっかり借金を背負ってしまうキッカケとなったのが、自動車整備業界で働く知人が初めたマルチ商法です。

当然このマルチ商法への勧誘もされていたのですが、マルチ商法=ねずみ講という考えがあり、ひどく抵抗があったのでここは断りました。

しばらくして次に勧誘されたのが、被害にあった投資話です。

ワシの知り合いの投資家に150万円預けたら半年後には1,000万になるんじゃ。

これはお前だけに言うんやからな!誰にも言うたらアカンで!

マルチ商法の関係者に投資家がいたらしく、このような話を持ち掛けてきたのですが、普通に考えてこんなウマい話あるわけないし、怪しすぎるので乗っかるわけがありませんよね。

でも当時のカネロンは乗っかってしまいます。

というのも、この知人もともとは低所得者で乗っている車も10年落ちの軽自動車、いつも作業着を着てパチンコを売っているような人だったのに、会うたびに、洋服、車、時計がドンドンとグレードアップしていき、この話をされた場所は高級な焼肉店だったんです。

しかもリスクはゼロ、最低でも元金は必ず返ってくるという話。

もともと、現状の給料や仕事に対して不満があったので、投資をしたい!と考えたのですが、当時の私には貯金なんてものは1円もありません。

カネロン
カネロン

独り身なら全然暮らしていけたけど結婚とか家庭とかは一切考えられない状態。

もちろん貯金はありません。

こんな話聞かされても内心、絶対詐欺だなって思っていました。

でもどこかで自分を変えたい!って思ってたんやと思っていたのもあり、同級生がリッチな生活をしているのをみて本当に嫉妬しました。

そこで持ち掛けられたのが、消費者金融からの借金です。

これには物凄く抵抗があったものの、半年後には1,000万円という甘い誘惑に負けて、消費者金融からの借金を決意します。

「いや、もうほんとアホなんかな?」読んでいる人全員がそう思うでしょうし、もし過去に戻れるのであれば、当時の自分を大説教したいところです。

「150万円を知人に渡し、知人が投資家に渡す」って、こんな話、誰が信じるんやってレベルです。

ちなみにですが、通常であれば150万円を消費者金融から借りるには、年収が最低でも3倍の450万円は必要となります。

当時の私の年収は300万円もなかったので、この知人から教えられた、1日のうちに消費者金融を3社回り契約し、当日中に現金を引き出すというかなりグレーな方法で融資を受けています。

カネロン
カネロン

信用情報に詳しい人ならわかると思いますが、同時申込は申込ブラックになりそうって考えている人も多いと思います。

ですが、申込情報が記載されるのは申込から数時間後、もしくは翌日以降の場合が大半です。

という事は最短1時間程度で融資を受けることができる大手を回れば申込情報は知られずに借りることができてしまいます。

そんなこんなで、150万円ほど投資してから半年後です。

勘の悪いカネロンですが、ようやく「これってひょっとして詐欺なんじゃないか…。」と疑い始めます。

約束の期限がきたので、知人に連絡をするも、「もう少し待ってくれ!もう少し待てば配当金がもっと増えるんや!」「待てないなら、元金も一切戻らない!」このように言われます。

この時に、あれ?自分もしかして騙されてるんじゃない?という不安が過りますが、元金も戻らないと言われたのでは強く出ることはできませんでした。

しかし、投資したお金は自己資金ではなく、消費者金融から借金したお金です。

知人に現金を渡してから、1年が経過、毎月消費者金融3社への約4万円の返済を続ける日々に、金銭的にも精神的にも限界が訪れ、知人にその旨を伝えました。

投資を決断したんは自分の意思やろ?

途中で辞めるなんざできるわけがないで。それなら金は返せへんわ。

投資をすると決めたのも消費者金融から借金をすると決めたのも自分自身の意思、そこに関しては確かに、とは思いましたがそんなの納得できるワケありません。

となると今すぐ投資したお金を全額返してくれないのであれば、警察に行く!とこちらも強気に出ることになります。

タダでさえお金がない状況なのに関わらず毎月4万円返済が増えて給料入っても入らなくても慢性的にお金がない状況です。

まず最初に「勝手にしろ!」と開き直られました。

そして数日後に「この投資話には○○組の幹部もかんでいる!そんなことしたら、、、」などという強迫を受けるハメに。ただ、○○組という組織とやらが絡んでいようが絡んでいなかってもハッキリいってこちらからすればどうでもいいことです。

そして次の機会には「俺も困るんだよ、、」などと泣き落としされたりと、人間の嫌な姿大全集を見たような気がします。

結局、よくわからない古いマンションの一室で知人+怖い人に誓約書を書かされようやく150万円が返金されました。返す時だけ誓約書が必要な理由もわかりませんでしたが、向こう側としては事を荒立て欲しくないと言いました。

返金された150万円も出処が他の人から搾取したお金なのかもしれません。

何はともあれ、借金が完済できたので良かったですが、1年間ほど消費者金融へ支払った利息については返してもらうことはできなかったので、この投資詐欺によってカネロンは25万円ほど損をした事になります。

返済自体を行えた事だけが唯一の救いです。

投資詐欺に騙されない為の対策と予防策について

これまでの話を出してみて、こんなもんに誰が引っかかるんだと自分でも思ってしまうほどなのですが、こんな状況に身を持っての経験があったからこそ「騙されない為の対策・予防策」といった事を言えるかと思います。

「うまい儲け話なんて存在しない」と肝に銘じておくこと

世の中にノーリスクで楽して稼げるうまい儲け話など存在しません。

知らない会社(人)が、突然自分に絶対儲かるおいしい話を勧めてくるなんておかしいですよね。

「あなただけに、、、」「特別に、、、」「ノーリスクで、、、」カネロンが騙された投資詐欺師(知人)からの話にはこれらのキーワードが満載でした!

もし、うまい話があっても、基本的には乗らない、仮に興味をそそられても常にこの話にはなにか裏があるのではないかと疑って話を聞くようにしてください。

一人で考えない!まわりの人に相談する!

株やFXなどの投資は時間が勝負の鍵を握ることが多く、決断を迫られますが、少しでも怪しいと感じた場合には、まず身近な信頼できる人に相談してください。

カネロンは「この投資話は誰にも言ってはいけない」と言われたことを素直に守って結果詐欺の被害に合いましたが、もし事前に友人や家族に一度でも相談していれば、間違いなくその話はおかしいと止められていたと思います。

カネロン
カネロン

下のサイトの運営者のような人に相談できたら絶対やってなかったと思います。

高齢者の方を狙う投資詐欺も増えているので、高齢の家族がいる人は、日ごろから何かあればすぐに相談することを徹底しておくことをオススメします。

正規の業者か確認をする

投資の話を持ち掛けられた際には、必ずその業者が正規の業者か確認します。
株や有価証券の売買がを行うには金融庁の認可が必須で、登録の有無は金融庁のホームページで確認することができます。

ただし、投資詐欺師がここに載っている正規の業者の名前を騙っている場合もあるので、注意が必要です。

怪しいと感じた場合には、公式ホームページもしくはNTTの電話番号案内で調べた番号に電話をかけ、自身に投資を勧めてきた担当者が実在しているのか確認するようにしてください。

カネロン
カネロン

正規の業者名を言ってきたときは絶対にそこへ電話して一度確認をしましょう。

後から、え?○○証券に電話したけど○○って人おらんやったけど自分ホントにそこの人?など詰めるとすぐに切ろうとしてくるか、逆ギレをします。

一度カマをかけてみるのはおすすめです。

間違っても即答はしないようにしましょう。

投資詐欺師は金融庁や証券取引監視委員会などの公的機関を名乗ることもありますが、これら公的機関の職員はいかなる形でも支払いを求めてくることはまずありえないので、そのような電話がかかってきた場合には、迷わず警察へと相談してくだい。

昔のように銀行にお金を預けておけば将来は安心という時代ではなく、最近では多くの人が積極的に投資を行い資産を運用しています。

つい最近の話では年金では老後生活できないから今から副業でも資産運用でも初めてお金を増やすことを考えたほうがいいと国自体が言っていることから内心焦っている人も増えているかと思います。

特に、FXや株、話題の仮想通貨についてはスマホアプリから誰でも簡単に始めることができるので、利用者が多く、その分投資詐欺が横行しています。

SNSを通じた勧誘も多く見られるので、投資を行う際にはそれが詐欺ではないのか慎重に見極めていくことが重要です。

株やビットコイン購入の為に消費者金融で借金をした結果、借金が大きく膨らんでしまうといったことも実際に起きています。

カネロン
カネロン

なんにせよ資産運用はお金を持ってから行うことであり最初から資産運用に借金してまで入るような事ではないと痛感しました。

メチャクチャしょうもない投資詐欺の被害にあったお前が言うか!と思われるかもしれませんが、投資は自己資産で行う資産運用、借金をして行うものではありません。

消費者金融やカードローンが身近になり手軽に現金を借りれる便利さや手軽さが増した事は良い事ではありますが、その分貯金もないのに簡単に大きな金額を用意する事が出来る時代です。

カネロンは、自分の心の弱さや羽振りの良い友人への猛烈な嫉妬で自分もお金を楽して手にしたい!と思いこういった面倒なことに巻き込まれることになりました。

長くなりましたが、こういった事は誰でも身近なところに潜んでいます。くれぐれもご注意ください。この記事が少しでもこういった詐欺被害の減少に繋がれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました